sponsor link

【うさぎの飼い方】 -うさうさコミュニティ-

sponsor link

  • こぶんた
  • あたしは山で飼育している方から大量に子供が産まれたので1匹頂きました。
    集団生活の中広い小屋と空き地の中に放し飼いで飼われていましたが、あたしは戸建てで飼育だったので小さなゲージで飼いました。
    ただいきなり狭いとこにひとりぼっちだったので、ウサギは突然の環境の変化は苦手ということで、
    こまめに相手をしてあげたり小型犬用のリードをつけ散歩に行きました。
  • ぴっぴ
  • うさぎは、とっても繊細な生き物です。
    野生の野うさぎではなく、ペットとして飼われるうさぎは品種が異なります。なので、環境の変化やストレスに弱いので大事に飼ってあげてください。
    運動することも大好きなので、1日30分ほどお部屋に離してあげるのも大変いいことです。優しく育てることで、とってもよく懐くかわいいうさぎになると思います。
  • van
  • 私が小学校の頃、白い小さなウサギを飼っていた事がありました。
    飼い方もろくに知らなかったので、本などを見て勉強しましたが、可哀想に死んでしまいました。どうやら濡れた野菜を与えたのがいけなかったみたいでした。それ以来、ウサギを見るとあの時の可哀想な気持ちになると同時に、飼う前には必ず最低限の知識は持つべきだと強く感じます。
  • サニー
  • うさぎは環境の変化にとても敏感です。ストレスが溜まっても犬や猫のように大きく鳴いたりしないので、日頃から観察する事がとても重要です。
    餌の減り方・トイレの状態・体の状態・活動している様子等に気配りしておくことで、病気やケガから守ってあげられます。
    ブラッシングや爪切りは体に外傷がないか確認するチャンスでもあるのでこまめにすると良いです。
  • cocoakaka
  • 知人のところに突然ウサギの赤ちゃんが産まれて、ひょんな事から我が家で引き取る事が決まって急遽ホームセンターのペットコーナーで準備を整えました。
    幸いな事に、スターターセットのような一式があったので、苦労なく用意出来ました。
    しつけをしなくてもトイレは最初から失敗なくしてくれました☆
    トイレが汚いと地団駄を踏んでアピールするので清潔好きだと思いましたね。慣れてくると表情の変化もわかるので可愛らしいです。
    たまに庭に放すと嬉しそうに飛び回って遊びます。最近はウサギ用のハーネスも売っていてそれを使って公園で散歩するかたもいるらしいですね。
  • suiran5241
  • まずは、うさぎを飼う前に必要なものを揃えないといけません。何かというと、ケージ、ペレット、牧草、床材、エサ入れ、かじり木、トイレ、暑さ寒さ対策グッズ等が必要です。
    うさぎを家に迎えてからの一週間は、環境に慣れるまでうさぎの健康状態に気を配ります。ケージの外に出すのは新しい環境に慣れてからです。
    その後にトイレやしつけなどを始めます。エサはペレットと牧草を与えます。
    水も毎日、新鮮なものに取り替えてあげます。エサ入れは、毎日の水洗いが必要です。トイレは一日一回の掃除で大丈夫です。また週に一回程は、定期的にケージの掃除も必要です。
    またうさぎは臆病な動物でもあるので、怖がらせないようにソフトに接しましょう。
  • み、わんこん
  • うさぎは飼うのが難しそうに思われがちですが、うさぎにとってのストレスと安全を守ればうさぎは決して飼うことが難しい事ではありません。
    多頭飼いされる方も多いですが初心者の方はまず1匹から飼うことをオススメします。
    うさぎも相性があるので、合う合わないがあると思います。
  • キヌトメ
  • “あきらめないでね!”
    我が家にロップイヤーの男の子がやってきて6年。最初はビクビク、部屋に離しても直ぐにゲージへ逃げかえっていました。少しして、徐々に部屋でくつろげる範囲は広がれど、抱っこは夢の夢・・・。
    一年が経ち、足にまとわりついたり、グルグル回ったりしてくれるように!しかし抱っこは大嫌い・・。
    そして3年目、諦めていた抱っこが急にできるようになりました!
    爪を切るのも大仕事だったのに、今ではご機嫌です^^ウサギてあんまり慣れないなぁとあきらめずにコミュニケーションとってみてよかった!
  • おやす
  • えさはペレットといううさぎ専用のフードを朝晩二回あげます。その他に牧草または藁と呼ばれる乾燥した草を与えます。それもペレットと同じタイミングでいいのですが、牧草はうさぎさんの歯や健康にいいのでなるべく常に食べるようにするべきです。
    掃除は毎日一回行います。トイレ掃除と部屋のすのこの下などです。トイレ材やペットシーツがあると便利です。
    お水もなるべく毎日変えます。お水の中身は水道水で良いです。良い水を飲ませると逆に尿石などが溜まってしまうらしいです。
    そして一日一、二回部屋の中を散歩させます。20〜30分くらいです。その際にはうさぎが入りそうな隙間を塞いだり、かじられそうなものは対策をしなければなりません。
    うさぎはとっても飼いやすいし、しつけもとても簡単です。
    たとえばトイレのしつけは、別のとこでしたうんちをトイレのところに持って行くと、自然と匂いが付くのでそこにするんだと覚えるようになります。
    他にも名前を呼ぶと反応するようになったり、うさぎは意外と利口なのです。
  • conju
  • 我が家にきて4年目のうさぎちゃんは、毎回便の後にはお尻をふきふき。
    自分からお尻を向けてくるくらいですから、とっても気持ち良さそうです♪
    仕事柄お客様をたびたびお迎えしていますが、ニオイもなくてびっくりされますよ。きっと「おしりふき」の効果かな~。
  • ぷんた
  • トイレ管理について。ずっとヒノキのチップを使っていましたが毎回全部捨てるのが勿体無く、拾えるだけおしっこ部分とウンチを拾い集めてました。
    なかなか大変な作業で、ふと思いついたのがペットシート。
    折りたたんで両面吸収使用にして、裏に回ったオシッコも難なく吸収!
    お掃除の時にシートごと捨てるだけ。オススメです!
    (シート剥き出しだとウサギさんがいたずらするので、網付きのトイレでの使用推奨します)
  • えっっぇ
  • こどもの頃、近所の友達がうさぎを飼っていました。さすが、うさぎの繁殖能力はすさまじく、すぐに2匹だったうさぎが大家族になりました。
    たくさんになると、窮屈だったのか穴を掘って勝手に檻の外へ出ていくうさぎがいて、檻の下に1メートルくらいの高さのコンクリートの壁を作っていました(笑)
  • myumyu
  • 今年八月、出雲大社でウサギの像を沢山撮ったからか、ウサギの出会いが豊富にその後起きた。
    職場でウサギを飼ってる方が多いのも知り、職場の方に「うさFesta2014」に誘われて参加しました。どうやら毎年行われる日本最大のウサギイベントとのこと。入場料は大人1000円(前売900円)、小学生以下は無料。
    中ではウサギのしつけ等をうさぎを用いて行われていたり、グッズ販売、エサの販売、抽選会、エサの試供品配り、ウサギの服の販売、ウサギの展示兼ね販売、ウサギ同士の交流の場としても楽しまれていました。
    私と一緒に行った方は、ウサギのおうちを作る木の箱を買ってました。
    ホームセンターみたいな売り場でウサギのおうち用品も結構ありました。こういったイベントで沢山うさぎの魅力などを知れた気がしたので、うさぎに興味ある方やうさぎを飼っている方は是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

▼以下のカテゴリからお好きな投稿をご覧ください▼

sponsor link

ページ上部へ戻る